エドアルド ヴァレンティーニ。

d0104984_150226.jpg

社長の飲みさしワインコーナーにこんなワインが・・・。

Edoardo Valentini Montepulciano d'Abruzzo1992

このラベルを見ていたらなんだか昔のことを思い出し、僕の師匠、立石 滋氏について書こうと思います。

そもそも僕は学生時代にワインの魅力にとりつかれたわけですが、当然アルバイトでしかレストランでも働いたことがなく、経験ゼロみたいなものでした。

プロになろうと心に決めてから最初にしておきたかったイタリアでのブドウ収穫を果たし、帰国後すぐに働き始めたレストランが
新宿御苑のタベルナ ロッサーナ。

ここで知り合ったのが僕の師匠である立石 滋その人であり、この人なくしてヴィナイオータの太田社長との出会いは語れません。

立石さんは当時から外からの情報に頼らず、自分の感覚だけで店でサービスするワインを決めていました。僕がこのお店で働きたいと思ったのも、ある雑誌に立石さんが載っていて、他の有名ソムリエたちがスーパートスカーナやスーパーV.d.T.を紹介しているのにもかかわらず、ただ一人"オルヴィエート(スカンビア)”というマイナーなD.O.C.銘柄を紹介していたからです。そのチョイスの渋さ、D.O.C.を重んじている感じは当時としては異質でしたし、孤高の格好良さがありました。

僕が一緒に働けたのは僅かな時間でしたが、信じられないくらいの沢山のことを教えてもらいました。
全く何も出来なった僕からすると、教わった技術の全てが今に役立っていますが
なにより大きかったのは、サービスマンとしてのホスピタリティとスピリッツ(心構えというべきか)でしょうか。

変にベタベタせず、必要なときにテーブルに行き、そのときは全力で喜ばせ楽しませる。
だけども常にお客様が主役であることを忘れず、自分は脇役に徹する。

本当の友達が来たのと同じようにお客様に接するのに、なあなあにならず、きっちりもてなす。

その全てが力が抜けた自然な状態で出来る、そんなホスピタリティとスピリッツなのです。

長丁場の営業の中で、この辺りのことが出来るサービスマンは世の中にそんなに多くありません。

立石さんは今は銀座のメッツァノッテというお店でいぶし銀のワインをサービスしておりますので
お近くに寄られた際は是非!!
http://www.mezzanotte-ginza.com/top.html
[PR]
by taibane1999 | 2009-05-27 15:30 | ワイン


<< お散歩。 すごいワイン。 >>