こんなことって・・・。

先日Frank CornelissenのMunjebel Bianco4を開けました。

ワイン自体素晴らしく良かったのですが、

2日後にもう一度飲もうと手にすると

・・・え、2色??・・・

d0104984_12155280.jpg


そうなんです、液面から指2本分くらいだけ茶色くなってるんです!

今までも二酸化硫黄無添加のワインをいろいろと扱ってきましたが

こんなことは初めてです。

僕は「液面が直接酸素に触れているから、液面から酸化していくんだ」と思いましたが

社長は「澱がある部分とない部分で酸化のスピードが違うのでは」という予想でした。

確かに茶色い部分は透き通っていて、下の黄色い部分は少し濁りがありました。

うーん、すごい。
[PR]
by taibane1999 | 2009-11-27 12:15 | ワイン


<< 仲間。 近道フリーク。 >>